Ministry Leadership




Ministry Leadership

金イスラエル

金イスラエル

1982年1月に国際経営学博士号を取るためにアメリカに渡った金イスラエル師は、神の恵みにより福音伝道者として召された。彼の召しは、使徒的働き、すなわちエペソ4:11~13にあるような五役者(使徒・預言者・伝道者・牧師・教師)の回復を通して、聖徒を整え、主の花嫁としてバランスのよい奉仕をさせること、また主の教会を神の力に満ちたキリストの体として建て上げることである。彼は、聖霊の細き御声と主との人格的な出会い、また荒野の訓練と霊的諸体験を通して、今も生きて働いておられる神・主を大胆に述べ伝えている。
金師はバプテスト教団において青少年及び、大学生のミニストリーから働きを始め、その後アメリカのアッセンブリー・オブ・ゴッド教団に移った。そこでは、協力牧師および、いやしのミニスターとして仕えた。そして、アメリカのアッセンブリー・オブ・ゴッド教団の神学校とInternational Seminaryを経て、Asia Alive宣教会においてアメリカ地域責任者として仕えた後、International Ministerial AssociationとApostolic Resource Ministriesにおいて夫人レベカ牧師と共に牧師としての按手を受けた。

神が金夫妻に与えたヴィジョンは、イエス・キリストの全き力によって神の教会が武装され、使徒的教会として建てられ、初代教会と同じ神の臨在と栄光がキリストの体なる教会に現れることである。

このヴィジョンに従い彼は、世界の多くの国で霊的指導者を訓練している。たましいを救うための伝道集会、コンファレンスでの奉仕を通して何千人ものに上る人々がいやされ、解放され、救われた。特に、モスクワでのある夜の集会においては、参加した1200人全員が、語られた御ことばを通していやされた。また、奇跡、しるし、不思議が特別でなく日常的に起こり、また死人が生き返る奇跡も経験した。そして、集会ごとに神の栄光の霊が力強く現れる恵みにあずかっている。

金イスラエル師は、20年の間、聖書的でまたバランスの取れた方法で、使徒職の回復について教え、特にこの15年間は、自身も使徒として働き、世界の多くの教会と指導者たちの働きを監督している。また、1986年にはApostles Ministriesを設立し代表として主に仕えている。

1996年にはApostles Ministries Empowerment Network(A.M.E.N)を設立し、夫人レベカ牧師と共同代表として仕えている。また彼は、国際使徒学校(International School of Apostles)を日本に設立し、学長として仕えている。その他、諸国における神学校と神学校大学院でも講義をしている。

国際使徒連合(International Coalition of Apostles:Dr. C. Peter Wagner. Presiding Apostle)の正会員。Apostolic Council for Educational Accountabilityの正会員。
夫人レベカ牧師と一人娘、グロリアとともにアメリカのバージニア州スターリングに在住。


Name

Name

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.